神待ち掲示板でつかまえて

神待ちをする女性は実在する!

神待ちをしている女性というのは、色々な事情を抱えています。まず、幻想や夢を打ち砕くようで気が引けますが、神待ち少女はいないということを知りましょう。

そもそも神待ち少女とアポを取って、事に及んでしまったらそれこそ終わりです。相手が18歳未満だった場合は、そのまま逮捕されてしまうことでしょう。

実際にお互いに恋愛関係にある場合は訴訟までには発展しないケースもあります。しかし、相手に訴えられれば、男性側はほぼ100%の確率で負けてしまうことでしょう。そこで、まずは神待ちしている少女が現実にはほとんどいないということを理解することが必要となります。

しかし、神待ちしている女性自体は実在します。例えば、家出している人や実家から追い出された人、彼氏や旦那と喧嘩してしまった人など、色々な人が相手を求めて神待ち掲示板やその他のサービスを活用しています。

そこを根本から理解して使っていくことが必要となるということです。

神待ちとはどういうものなのか

そもそも神待ちとはどういうものなのかというと、関係性はシンプルです。泊めてもらいたい女性のことを神待ち女性と呼び、泊めたい男性のことを泊め男と言います。

その他色々な呼び方がありますが、そこは感覚的に男女の関係になることが多いと理解しましょう。神待ち、すなわち泊めてくれる神を待つことを神待ちというわけですね。

昔はかなり流行っていたものですが、他のサービスの勢いが増してきたことによって、少し内容は変わってきています。

神待ちの年齢層も比較的変わってきていて、最近では何をするにも年齢確認が必要となってきているということで、逆に安心して使えるようになっているのも特徴です。

実際に神待ちをしている方は、年齢層も20代~30代が多いです。その他、レアなケースとしては40代や50代もいるかもしれません。

根本的な神待ちのことをしっかり理解して、その上で色々なサービスを活用していくことが必要となります。そこはしっかりと考えておきましょう。

また、神待ちの目的は自由恋愛という人もいるのですが、多くの場合は肉体関係にあります。金銭のやり取りをすることも多く、お小遣いとして男性が女性に渡すことが多いです。

ただ、女性の中には事情によってホテルに泊めてもらったり、自宅に泊めてもらったりすることで、そのお礼として肉体関係を提供する人もいます。

どちらにしても、少なからず費用がかかるのが神待ちの特徴です。そこは理解して使っていくことが必要となるでしょう。

神待ち少女と成人女性の違い!危機管理とリスクヘッジ

神待ち少女と成人女性の違いについても、しっかり理解しておくことが必要となります。

神待ち少女というのは、18歳未満の女の子たちのことを言い、その子たちが泊め男を探す行為自体を神待ちと呼ぶことが多いです。

逆に成人女性は20歳以上となりますが、この手のサービスを活用する場合は18歳以上であれば問題はありません。成人していなくても、18歳以上であれば問題ないということで、多くの方が神待ちを上手に活用しています。

ただ、考えておきたいのは危機管理とリスクヘッジについてです。先ほども説明したように、18歳未満の少女に手を出してしまうと逮捕されます。

これは若い子たちに健全な教育をしていくために設けられている条例や法律などが関係していて、当然ですが18歳未満と肉体関係を持つのは禁止されています。つまり、神待ちでいくら女の子を発見したとしても、その子と肉体関係を結ぶことはできないのです。

それならば、18歳以上の女性を見つけて、その人とセフレになった方がまだ健全だと言えるでしょう。相手と出会う場合は、必ず身分証明書などを確認し、年齢が正しいのかという点を確認してください。

最近では各種サービスでも、身分証明書などで本人確認しないと登録できないところも多くなっています。しかし、後々から問題が発覚しないように、事前に確認するようにしてください。それは絶対に必要なことです。

なお、相手から誘ってくる場合は、結構な確率で大人の女性の場合が多いです。ただ、その場合でも金銭目的や援助目的が多いので、自由恋愛を考えている方は他のサービスの方が良いかもしれません。

リスクを取ってまで、少女と遊ぶのは避け、大人の女性とだけ楽しむようにしてください。

変わりゆく神待ち文化の変化

もともと神待ち掲示板などには、多くの家出少女などと呼ばれる子たちがいました。しかし、時代の変遷とともにそういう子は減ってきたと言えます。

そもそも法律で禁止されているということもあって、男性の利用者も減ってきたのです。

それに打って変わって登場したのが、出会い系サイトや恋愛アプリなどの最新鋭の出会いツールです。これらの他にもテレクラが再ブームとなったのはもちろん、SNSも発展したことによって、神待ち文化は廃れていきました。

それと同時に、神待ち掲示板と呼ばれるところも少なくなってきたと言えます。今後は、さらに便利なツールが増えていくはずなので、昔ながらの神待ち掲示板というのはなくなっていくと予測できるでしょう。

そもそも神待ちをしている人が神待ち掲示板を使うことも少なくなっています。神待ちをしながら、SNSやテレクラで待機している人もいるし、出会い系サイトや恋愛アプリで連絡待ちをしている人もいます。

そういう神待ちの相手を見つけて、どのように楽しんでいくかをしっかり考えていくことが必要となるのではないでしょうか。

文化は常に変化していくものですが、それに合わせて各種サービスは進化しています。状況に応じて色々な出会いツールを活用し、その上で神待ち女性を見つけてみてはいかがでしょう。

神待ち掲示板
https://kamimachi-bbs.net